過伸展ってどういうこと?

女性の関節は男性と比べると柔らかく、可動域が大きいといった特徴があります。

特に多く見られるのが、肘・膝の過伸展で、通常の可動域以上に動く状態のことを言います。

肘・膝が反対側に反ってしまい、伸びすぎてしまった状態ですね。

関節が柔らかすぎる場合は怪我のリスクが増えてしまうため、ピラティスでは過伸展もコントロールしていきます。

例えば反張肘の方が四つ這いになると、肘の内側が前を向いてしまったり、肘が真っ直ぐではなく内側に曲がっている状態になりますが、伸ばしきる少し手前で留めるようにします。

ほとんどの方が「身体が重くて支えるのが大変」「手首に負担がかかる」と言われますが、今までは肘の関節に過度に負担をかけてしまっていたのです。

関節を伸ばし過ぎない位置で留める筋力をつけていくことで、その問題を解消することができます。

ピラティスで必要なインナーマッスルをつけ、楽に動ける身体にしていきましょう!

Pilates Trinity,  Yui