MATERNITY

リハビリ生まれのピラティスは
身体への負荷が少なく
出産に必要な身体づくりを安全にできます。

心身ともに繊細になっている
この大切な時を、
ピラティスで癒しながら
出産に備えませんか?

※安定期に入る16周目以降で、医師から運動の許可が出た方が対象です。

 

産後ピラティス

妊娠中の大きなお腹を支えていたことで
骨盤底筋は伸びてしまった状態にあり、
多くの方が産後すぐに尿もれの症状に悩みます。

ピラティスと併せて、
アメリカの泌尿器科医が開発した
骨盤底筋エクササイズ「pfilAtes™」も取り入れ、
より効果を高めていきます。

※赤ちゃんをお連れ頂いてレッスンすることも可。