産後ピラティスの重要性

前回のブログに登場した妊婦さんが無事出産され、早くも産後ピラティスを開始しました!

第二子は超安産であっという間に産まれたそうです。出産のダメージが少なく、産後の回復がとても早いことに驚きました。

目安として産後2か月ぐらいからピラティスを開始しますが、腹直筋の離開もわずか1㎝ということで、骨盤底筋群の回復や呼吸ワーク・ストレッチのメニューを中心に通常より早めにスタートしました。

妊娠期間中、重いお腹を支えている骨盤底筋群は伸びてしまった状態にあるので、産後すぐにトレーニングを開始することが理想的です。

産後は高い確率で尿漏れが起こりますが、筋肉を鍛えることで回復させることが出来るのです。

産後のダメージだけでなく、加齢や肥満、慢性便秘などにより内臓臓器脱が起こることもありますので、産後はもちろんのこと、普段より骨盤底筋群を鍛えておくことはとても重要です。

年齢を重ねてもピラティスによって快適な毎日が過ごせたら素敵ですね!

Pilates Trinity
Yui

関連記事

  1. 出産直前までピラテイス!

  2. ピラティスで身長が伸びる?

  3. 大倉山「赤ちゃんとピラティス」スケジュール追加しました!

  4. 血管年齢は何歳ですか?

  5. hareyogahawai

    大倉山「赤ちゃんとピラティス」第1回目

  6. 12月9日はJoseph Pilates生誕日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA